• 論文

    執筆論文

    • 高齢者に対するALTA療法の合併症-非高齢者と比較して 著者:矢野孝明
      臨床外科72巻12号Page1373-1376(2017年11月)
    • 痔核注射治療(ALTA治療)の合併症は抗凝固療法症例では生じやすいのか 著者:矢野孝明
      外科79巻6号Page567~570(2017年6月)
    • 痔核手術にLigasureとEA法を用いて術後疼痛が軽減した1例 著者:矢野孝明
      消化器外科39巻12号Page1703-1706 (2016年11月)
    • 2回目のALTA療法における症状改善率(初回と比較して) 著者:矢野孝明
      臨床外科71巻8号Page1010-1012(2016年8月)
    • 痔核注射治療(ALTA)後に生じる発熱のリスク因子 著者:矢野孝明
      外科77巻13号Page1552-1553 (2015年12月)
    • 痔核注射治療(ALTA)後に生じた直腸潰瘍の2例 著者:矢野孝明
      消化器外科38巻9号Page1351-1354 (2015年8月)
    • ALTA治療後の発熱について 著者:矢野孝明
      臨床肛門病学6巻2号Page116-118 (2014年11月)
    • 痔核注射治療(ALTA)後の肛門痛に関する検討 著者:矢野孝明
      臨床外科69巻8号Page1000-1002 (2014年8月)
    • 痔核手術における硬い便が術後出血に及ぼす影響 著者:矢野孝明
      外科76巻7号Page769-773(2014年7月)
    • ALTA治療後症例に対する痔核手術の是非について 著者:矢野孝明
      手術67巻11号Page1665-1667(2013年11月)
    • 肛門手術における前立腺肥大症と術後尿閉の関連 著者:矢野孝明
      臨床外科68巻10号Page1225-1228 (2013年10月)
    • 肛門周囲膿瘍に対する切開排膿後の症状について 著者:矢野孝明
      日本大腸肛門病学会雑誌66巻2号 Page77-79(2013年2月)
    • 痔核に対する2つの治療方法についての比較検討ALTA vs LE 著者:矢野孝明
      臨床外科67巻12号Page1449-1451(2012.11)
    • 巨大な膿瘍を伴った骨盤直腸窩痔瘻の1例 著者:矢野孝明
      消化器外科35巻8号 Page1321-1326(2012.07)
    • 嵌頓痔核に対する手術の至適なタイミング 著者:矢野孝明
      臨床外科66巻8号 Page1111-1113(2011.08)
    • 痔核結紮切除術を施行した患者の満足度における検討 著者:矢野孝明
      臨床外科65巻13号 Page1695-1698(2010.12)
    • 低位筋間型肛門周囲膿瘍に対する切開排膿に関して 著者:矢野孝明
      日本大腸肛門病学会雑誌63巻7号 Page415-418(2010.07)
    • 抗凝固療法中の患者に対する痔核手術と後出血に関して 著者:矢野孝明
      臨床外科64巻2号 Page225-228(2009.02)
    • Comparison of injection sclerotherapy between 5% Phenol in Almond Oil and Aluminum Potassium Sulfate and Tannic Acid for grade 3 hemorrhoids
      Author:Takaaki Yano
      Ann Coloproctol. 2015;31(3):103-105.
    • A prospective study comparing the new sclerotherapy and hemorrhoidectomy in terms of therapeutic outcomes at 4 years after the treatment
      Author:Takaaki Yano
      Surg Today. 2014;44(3):449-53.
    • Outcomes of case-matched injection sclerotherapy with a new agent for hemorrhoids in patients treated with or without blood thinners
      Author:Takaaki Yano
      Surg Today. 2013 ;43:854-8.
    • Prognostic factors for recurrence following the initial drainage of an anorectal abscess.
      Author:Takaaki Yano
      Int J Colorectal Dis. 2010 ;25(12):1495-8.
    • The outcome of postoperative hemorrhaging following a hemorrhoidectomy.
      Author:Takaaki Yano
      Surg Today.2009;39(10):866-9.
  • HOME
  • アクセス
  • 医師の紹介
  • 日帰り治療について
  • 治療実績 ALTA
  • 医院の様子
  • 診療内容
  • メディア紹介など
  • よくある質問
  • 学会発表
  • 論文
  • 臨床研究